日本で許可されていない医療の治療方法や薬の認可などのことを幾つか例を出して、簡単に書いてみました。

医療の中でも足の治療は簡単です

医療と治療のギャップ

昔から医療関係では、日本の場合には基準が厳しくて、特に難病などは日本国内で治療ができないので海外へお金をかけて治療に行くということが今でもおこなわれています。
特によく聞くのが心臓移植などで、そのための寄付金を集めているのも見たりします。
日本ほど医療が進んでいる国はそうはないと思いますし、心臓移植の技術なども他の国とは差はないと思いますが、外国でのほうが成功するのか海外での移植を選ぶ人たちが多いようです。
もし日本で出来れば、費用も相当削減できて、高額医療だとしてもだいぶ経済的には助かるでしょうし、まったく誰も知らない人ばかりの外国で治療をうけるよりも精神的な負担も少なくなると思います。


エイズ訴訟のような大きな問題もありましたし、だいぶ古くなりますが丸山ワクチンなどの話もありました。
薬の認可でもとても時間がかかり、認可されていない薬が、効果があるということで、個人輸入で購入して使用している人たちもいます。
あまりにも規制が緩すぎるのも困りますが、せっかく効果がある薬が認可に手間取り、特に患者が少ない難病の場合は、保険も効かない状態で海外から高価な薬を購入しなければならないのでは、やはり本当の医療と治療とは言えないように思います。
もう少し柔軟な対応をしてもらい、融通の効く方法をとってもらえれば、難病の患者やその家族もだいぶ楽になるのではないかと思います。
補助も全てではなくとも申請などで負担が軽くなるようになっていれば助かると思います。

Copyright (C)2017医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.