病院での医療を受けるようになって、すでに5年の月日が経ちました。最初は入院だったので、十分な治療を受けました。

医療の中でも足の治療は簡単です

医療関係としては病院で治療を受けています。

入院が終わり、診療を行うようになり、治療らしい医療は全く受けていません。治療が行われたのは、入院の間だけで、通院をするようになってからはほとんど治療らしい治療は受けていません。行われるのは前回の検査結果を聞かされるだけです。
医師は聴診器すら当ててはくれません。血圧も待合室に置かれている自動の血圧計で測るだけです。
その数値をプリントアウトして、診察前に看護師さんに届けるだけです。
これで治療が行われていると言えるのでしょうか。
病院へ出かけると、ほとんど2時間仕事になってしまいます。
最近は薬局で薬を貰うので、その分時間は短縮できますが、それまでは最低でも3時間は掛かっていました。
それだけ待っても、診察時間はたったの5分もかかりません。先生と話しもほとんど出来ないような状態です。

せめて聴診器だけでも胸に押し当てて欲しいぐらいです。
この先生とは前回の診察で初めて合いました。
それまでのお医者様から変わられたばかりです。
以前のお医者さんも5年の付き合いでしたが、その間一度も聴診器が当てられたことはありませんでした。
こんな状態の病院で、本当に良いのかいつも疑問に思っています。
治ることの無い病気なので、この先ずっとこのお医者さんと付き合っていかなければなりません。
しかし、本当にこのままで良いのか非常に疑問に感じます。
出来れば他の病院へ変わりたいほどです。
せめて脈だけでも取って欲しいと感じるのです。
これって僕が間違っているのでしょうか?本当に分かりません。

Copyright (C)2017医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.