アメリカ人は治療にあんまり医療機関を利用しないそうです。それは健康保険制度がないからです。健康医療は大切です。

医療の中でも足の治療は簡単です

健康保険制度のお陰で医療機関での治療が簡単。

昔、テレビのコマーシャルで聞いたセリフです。
「アメリカでは病気の治療は家庭でします」という言葉です。
それは薬のコマーシャルだったかと思います。
そう云えばアメリカの映画を見てもドラマを見ても、病院に行くのは余程の大きな病気やケガだけです。
割と最近知った事ですがアメリカには健康保険制度がないそうです。
ですから大統領が日本の様に健保制度を設けて貧しい人にも経済的に安心して医療を受けさせようと云う考えでした。

でもお金持ちの人達が反対をしたようです。
それは健保制度は相互扶助だからです。
お金持ちの人は民間の保険に入るのが損が無いと云う見方なのだと思います。


日本も戦時中までは健保制度が無かったそうです。
それまでは貧富の差の激しい国だったと云う事です。
お金持ちに都合の良い社会制度となっていた為、社会的な相互扶助という観点はなかったようです。

でも健保制度ができてからは日本人の平均寿命が伸びたという事です。
現在の日本は大変な先進国ですが社会制度の点でも非常に優れた国だと思います。
私はこの国に生まれて育った日本人で本当に良かったと思います。


それと本当に素晴らしいと思うのは、健康保険制度だけでなくて、健康医療に取り組んだ活動も沢山あります。

例えば学校で歯科検診や耳鼻検診もあります。
そして予防接種も低料金であります。
日本の寿命が延びたのは、こう言った健康利用に取り組んでいる環境の良さも大です。
これからも日本の健康医療制度の発展を期待しています。

Copyright (C)2017医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.