現代の医療における治療は、日々進歩しており、こうしている間にも新薬の開発や実験が行われている。

医療の中でも足の治療は簡単です

現代の医療における治療

現代の医療の可能性は果てしない努力のたまものである。
一昔前までは癌が死の病、なったら最後、後は余命を宣告されて残りの人生を全うするだけの病気とされていました。

しかし、現代は早期発見であれば治すことが可能になりました。
現在の主な治療として、抗がん剤治療・放射線治療・外科的治療がポピュラーです。
ここ最近はPETといって、癌の好物であるブドウ糖を使った検査が行われています。
もちろんブドウ糖だけでわかるわけではありません。放射線も使用します。
補足ではありますが、ブドウ糖が癌の好物といいましたが、健康な人でも必ずブドウ糖はとらなくてはいけない必須のモノであるということをお忘れなく。元々癌のある人がブドウ糖を摂取したからといって、癌の進行が早くなったとの研究も発表されていまでんので、誤解はしないでください。

じゃあなぜここまで急速に医療が発展していったのか。それは簡単です。
人間が急激に増加してしまったことに原因があります。
例え話しをしましょう。人間が増えることで環境は必ず変化し、大気は汚染され、いままで考えもしなかった病気がみつかります。
さらに、飢餓になる心配も少なくなったこの世の中、食事の影響で生体に変化を及ぼしたり、長生きしたりすることで新しい病気は日々増え続けているためです。
こんなこと話して、人間が減れば良いと考える方もいるかもしれません。
しかしそれは非現実的すぎますよね。

じゃあ我々人間はどうすれば良いのだろうか。そこで今注目をあびているTS細胞がある。これは医療業界、いや、研究者ならだれもが関心を持つであろう細胞を作り出すことに成功したのです。
これがあれば近いうち、心臓を人工的に作ったりすることもできるかもしれない。こういうことをきくと、なんだか人間は手を出してはいけない領域まで頭脳が進化しているんじゃないかって私は思う。

Copyright (C)2017医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.