不妊症のために、妊娠するには治療が必要な事がわかりました。医療の力を借りて希望を叶えたいです。

医療の中でも足の治療は簡単です

不妊症の治療のために、医療機関にお世話になっています。

人間が生きていくには、病気と隣り合わせです。
私は小さな頃から、何かしらの理由で病院にかかることが多くありました。
それでも、しっかりとした治療を受けられただけではなく、素晴らしい医師に出会えたことを感謝しています。
そんな私でしたが、結婚をした後に衝撃の事実を知ってしまいました。
なかなか子供に恵まれなかったので、病院にかかったところ不妊症である事が分かったのです。
子供を授かるためには、治療が必要な事を知りました。
最初は、パニックになり自暴自棄になりかけましたが、夫や周囲に励まされて治療を受ける決意をしました。
現在は、精神的に辛いこともありますが、治療を受けて子供を授かれる事が私の役目だと気持ちを切り替えて通院しています。


現代の医療は、すばらしく進化しています。
悲観的にならずに、前向きに治療に望めば、かならず願いはかなうと思うのです。
これから先、今は治療が難しい病気も、どんどん新しい治療法法が生まれてくると思います。

しかしながら、医療の現場に医師不足という深刻な問題も降りかかっています。
医師がいなくては、私たちは適切な治療を受ける事が難しくなります。
特に、産婦人科医と小児科医の医師不足は深刻です。
多くの知識を学び、状況に応じた判断をすることは、医師にとってとても大変なことだと思います。
少子化の問題もあるので、国を挙げての対策が必要だと改めて思います。
そして、社会全体で医療を支えていく事が、何よりも大切です。

Copyright (C)2017医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.